関東の花火大会「いせさき花火大会」

関東の人気花火大会ベスト10にランクインされた花火大会です。
打ち上げ会場は、広瀬川河畔、ラブリバー親水公園うぬき。群馬県でこの年最後に開催される花火大会です。

 

わずか60分の間にスターマインを中心に音楽とともに1万発も打ち上げられ、スピードと迫力に興奮してしまいます。この花火大会を見終わると夏の終わりを実感するという人も多いのだそうです。

 

近年は音楽に合わせて打ち上げる、豪華スターマインも登場し、見どころの一つになっています。
例年、20万人以上の人出があり、観覧は、西武公園やスポーツ広場、親水公園、伊勢崎オートレース場、広瀬川堤防上のサイクリングロードなど遮るものがない広々とした場所で見ることができます。
伊勢崎オートレース場には、無料駐車場も6500台分用意されています。

 

ファミリーで花火大会に行く場合の持ち物

花火大会を楽しく過ごすための準備として、持っていくと便利なものをあげてみました。

 

・レジャーシート これは場所取り、休憩などに必要なものです。
・レジ袋 汚れ物を入れたり、ゴミを持ち帰るために必要です。
・ポケットティシュ&ウェットティッシュ どちらも絶対に必要。
・虫除けグッズ 河川敷や草はらには蚊がいる可能性が高いです。
・うちわや扇子 夜だといっても、暑いです。
・ばんそうこう 下駄の鼻緒で指を傷めたり、足元が暗いので、転んだりつまづいたりするかもしれません。子ども連れには必需品です。
・安全ピンや洗濯バサミ 浴衣の着崩れを直したり、トイレで浴衣の裾をつまむのに使います。
・小さな折りたたみ椅子 あると便利、持っていければ是非オススメ。
・懐中電灯 花火が終わると、通りへ出るまでの道が暗いので安全のためにもあると安心。

 

当日は、観覧している間も子供たちへの注意を怠ることはできません。
迷子にならないよう、小さなお子さんは手をしっかりつないでいること、大きいお子さんには、迷子になったら、落ち合う場所を決めておく、など家族で事前に話し合ったおく必要があります。

>>花火大会の必需品?今人気の顔汗用・制汗ジェルはこちら