夏の風物詩「花火大会」

”夏”というと思い出すのが、夏休み、海、川、プール、などですが、「花火」という方も多いのではないでしょうか。花火は夏の風物詩として必ず取り上げられる催しです。

 

花火はそのほとんどが夏に行われ、冬に花火をすることはあまりないですね。
ご家庭で子供たちがする花火から地域や、企業、商店街などが協賛でおこなう大規模な花火大会まで、花火は大人も子供も笑顔になれる遊びです。

 

花火大会は日本全国のたくさんの場所で毎年行われていて、その数はウキペディアに載っているのが約500ヵ所です。

 

いかに日本人が花火大会好きなのかが、わかりますね。しかも花火大会を毎年催していて、古いところでは、隅田川花火大会の約300年前から、というのがあります。

 

第60回や第50回と紹介された花火大会などの大会も多く、日本の花火の歴史がいかに古くからあって、素晴らしいものであるかがうかがい知れます。

 

>>花火大会の必需品?今人気の顔汗用・制汗ジェルはこちら

 

花火大会を楽しもう

花火大会を家族で見に行く方、友達と見に行く方、恋人と見に行く方、楽しみ方は色々ですが、当日の服装や持ち物など気をつけなければいけないことがたくさんあります。

 

往復の交通機関をしっかり調べておくことも大切です。当日は電車やバスのダイヤの変更があるかもしれません。交通規制があるといつもの停留所が移動していたりすることもあります。事前調査をしておけば、あわてなくても済みますね。

 

花火大会によって、その年のテーマなどがある場合があります。事前に大会の冊子などを入手できるなら、ざっと見ておくと花火大会をより楽しむことができます。

 

全国の人気花火大会を見に行くツアーを利用すれば、ベストポジションで花火を見ることができ、席の確保や交通手段の心配もいらないので、利用するのもいいかもしれません。

屋形船から見る花火大会

夏の風物詩”花火”を屋形船から見ることができる花火大会があります。
東京では、隅田川花火大会、足立の花火大会、江東花火大会、戸田板橋合同花火大会、葛飾納涼花火大会、江戸川区花火大会、などが屋形船で観覧することができます。

 

普段見る景色とは違い、川から見る花火は迫力があり、いつもと異なる気分になります。人ごみを気にしなくてもいいですし、小さなお子さま連れや、お年寄りのグループには屋形船で安心、安全に観覧できます。

 

また、屋形船の花火観覧にはお食事つきのプランがあり、ゆっくりとお食事をしながらダイナミックな花火を見るというのもいいですね。

 

当然ですが、お金がかかります。どの花火大会でも2万円以上はかかります。
また、お料理によってもお値段が異なりますので、色々なお料理屋さんに聞いてみると良いでしょう。

 

1年に一度の花火大会を、家族や友達と思いっきり楽しむための贅沢と割り切って、屋形船もいいのではないでしょうか。また、ご両親やお世話になった方へのプレゼントとして屋形船の花火観覧ご招待もいいですね。

 

>>1日中、まゆ毛もメイクも落ちない?サラフェの実力とは?

 

花火大会で注意すること

花火大会当日は、会場周辺の交通規制が敷かれます。事前に広報などで、告知されます。また、規制内容を書いた看板などがあるので確認しておくとよいでしょう。

 

花火大会の会場には、臨時トイレの設置がありますが、お子さん連れの場合は特にその時になってあわてないよう、設置場所の確認をしておくことが必要です。

 

花火が終わると、みんなが一斉に会場から出るために出口に向かいます。狭い場所に多数の人がどんどん突っ込んで行って、一人が転べば次々と転倒者が出てしまい、まさに雪崩状態になります。交通誘導員さんがいれば、その指示に従うことが大切です。また、状況を冷静に見極めることが重要です。

 

人混みの中で、身長が小さい子どもは、大きい大人に囲まれて不安です。しかも暗いので怖くなって泣いたりグズッたりするかもしれません。手をつないで、時々声をかけてあげましょう。

 

特に子どもを連れでの花火見物は、帰りのルートや交通機関の確保をしっかり計画しておくことが必要です。

 

>>花火大会の必需品?メイクの上からでもつけられる顔汗用・制汗ジェルって?

 

更新履歴